未分類

Googleの検索エンジンにWEBサイトを最適化する方法

投稿日:

多くのブロガーやWEBサイト運営者にとって検索エンジンへの最適化、SEO対策はとても関心が高いと思います。

でもGoogleやYahoo!がどんなアルゴリズムで検索結果を表示させているかはわからないため、ただ闇雲に試行錯誤を繰り返すしかないというSEO対策では、なかなか結果がでません。

そこで今回はGoogleが検索結果の一番上に表示されるようにするためにこんなことをすればよいですよ、とヒントを教えてくれてますので、そのヒントをご紹介したいと思います。

 

質の高いWEBコンテンツを提供する

これはもはやいうまでもないことかもしれませんが、検索者にとって有益な情報や必要としている情報が提供できているという質の高いWEBコンテンツを提供できているWEBサイトをGoogleは評価していると明言しています。

質の高いコンテンツとは、どのようなものでしょうか?抽象的になりがちなのですが、ポイントに分けてまとめてみました。

難しい表現をしていたり、回りくどい表現をしているなど、読者から見て読みやすくないWEBコンテンツは評価されにくいです。

わかりやすいというのは抽象的なポイントにはなりますが、このような点に注意すればわかりやすいコンテンツを作ることができるようになると思われます。

 

簡潔明瞭な表現をする

だらだらと続く文章はとても読みにくくなることから、簡潔明瞭に表現することが読みやすいコンテンツの必要条件となります。

一文の長さは80文字〜100文字程度に抑えるようにしましょう。

 

十分なボリュームがある

必要なことが書かれていないコンテンツはGoogleから評価されにくくなります。

WEBコンテンツの読者から見て欲しい情報が十分に書かれていると認識してもらうためには、質を保った上でコンテンツのボリュームが必要です。

最低でも2000文字、できれば4000〜5000文字程度となるようにしっかりしたボリュームのコンテンツを提供しましょう。

 

独自の情報である

すでにWEB上にある同じ情報をWEBコンテンツで提供しても読者に価値は提供できませんので、他のコンテンツをコピーしたようなWEBコンテンツはGoogleから評価されません。

他のWEB情報を安易にコピーするようなことは絶対やめましょう。

なお、Googleはこのようなコンテンツは評価しないとしています。

他のサイトのコンテンツをコピーし、独自のコンテンツや付加価値を加えることなく転載しているサイト

他のサイトのコンテンツをコピーし、(語句を類義語に置き換えたり自動化された手法を使用したりして)若干の修正を加えた上で転載しているサイト

何らかの独自の体系付けやユーザーへの利便性を提供することなく他のサイトからのコンテンツ フィードをそのまま掲載しているサイト

ユーザーに実質的な付加価値を提供することなく、他のサイトの動画、画像、その他のメディアなどのコンテンツを埋め込んだだけのサイト

 

メインのコンテンツにはテキストを多く使う

本文やページタイトルに画像や動画、Flashアニメーションなどを使うとGoogleが内容を認識しにくくなり、評価をしてもらいにくくなります。

Google が容易に認識できないテキスト以外の画像、動画などだけでコンテンツを作ることはマイナス評価になりますので注意してください。

 

完全な情報を提供しましょう

中途半端な状態でWEBコンテンツを提供すると、ユーザーが十分な情報を得られないばかりか、無用な誤解を与えてしまう可能性があります。

WEBコンテンツは完結する情報を提供するようにしてください。

 

WEBサイトをモバイルフレンドリーにする

最近はスマートフォンやタブレットで検索するユーザーが多く、Googleとしてもモバイル端末からのユーザーが検索結果から求めているユーザー体験を得られているかどうかが評価の対象となっています。

したがって、WEBコンテンツもパソコンでいくら快適に使えてもスマートフォンやタブレットに最適化できていないとGoogleから思った評価を得ることはできません。

 

フォントサイズが適度に大きい

WEBコンテンツの文字が小さいとスマートフォンなどの画面であればそのまま読めず、ズームなどをしないといけないため、モバイルフレンドリーとは言えません。

ズームしないで読める大きさのフォントサイズにしたり、スマートフォン向けにフォントのサイズをパソコンとスマートフォンで変えるなどする必要があります。

また、行間が狭いとスマートフォンでは読みにくくなるため、文字の大きさだけでなく、行間を適度に空けることもポイントとなります。

 

ボタンなどクリックする要素が近過ぎないこと

パソコンでは問題なくクリックできるボタンであってもスマートフォンやタブレットでは、マウスやポインターが使えないためクリックやタップをしづらい場合があります。

スマートフォンでも負担なく正確にタップできるように、ボタンなどの要素の距離に気を配りましょう。

 

縦スクロールのみで閲覧できること

パソコンなどの大きな画面であれば、縦横のスクロールを前提としていますが、スマートフォンやタブレットなど小さい画面の端末の場合は基本的に縦スクロールを前提としたユーザーインターフェイスとなっています。

特にスマートフォンは片手で使うことが多く、縦スクロール以外はとても使いにくくなります。

したがって、スマートフォンでの表示は原則として縦スクロールで読めるようなコンテンツ幅の調整が必要となります。

 

モバイルフレンドリーかどうかチェックする

Google Search Console(サーチコンソール)を使う

Google Search Console(サーチコンソール)でWEBサイトの様々な状態を管理したりモニタリングすることができます。

モバイルユーザビリティレポートの項目でモバイルフレンドリーサイトかどうかを確認できます。

まず、Google Search Console(サーチコンソール)のサイドバーから「モバイルユーザビリティレポート」をクリックします。

こちらをクリックすると、このような画面が表示されますので、下のエラー内容の部分をクリックします。

すると、具体的なエラー内容が表示されていて(この場合であれば、「クリック可能な要素同士が近すぎます」という不具合です)、こちらを検証する場合はこの「修正を検証」というボタンをクリックします。

このボタンをクリックすると、具体的なエラーが出ているURLが表示されますので、具体的に改善をしていきます。

 

モバイルフレンドリーテスト

モバイルフレンドリーテストとは、Googleが提供している無料のツールで、WEBサイトがモバイルフレンドリーであるかどうかをチェックできるツールです。

入力したURLがモバイルフレンドリーサイトかどうかをチェックします。

それでは具体的に使ってみましょう。まずはモバイルフレンドリーテストにアクセスするとこのような画面が表示されますので、ここにテストしたURLを入力します。

するとこのようなテスト結果の画面が表示されます。

こちらはモバイルフレンドリーだったというテスト結果ですが、エラーの場合はこのようなメッセージが表示されます。

モバイルフレンドリーテストのエラー結果

互換性のないプラグインを使用しています

ビューポートが設定されていません

ビューポートが「端末の幅」に収まるよう設定されていません

コンテンツの幅が画面の幅を超えています

テキストが小さすぎて読めません

クリックできる要素同士が近すぎます

新しくWEBコンテンツを作成するたびにこのモバイルフレンドリーテストをやっていって、その都度改善していけば、モバイルフレンドリーなコンテンツを増やしていくことができるようになります。

 

検索機能を追加する

Googleは検索ユーザーがより使いやすいサイトを評価する傾向にあります。

WEBサイトに入ってきてもらったユーザーがそのWEBサイト内でストレスなく巡回してもらうための機能として、サイト内検索機能を評価しています。

サイト内検索機能があれば、ユーザーが読みたい記事やコンテンツにすぐアクセスできるようになるため、とても利便性の高いサイトとなります。

 

WEBサイトを常に最新の状態に保つ

WEBサイトは常にアップデートして最新の状態に保つことがGoogleへの評価を高めることにつながります。

ある程度、WEBコンテンツが揃ってくるとWEBサイトが放置されがちですが、そうなるとGoogleの評価が落ちてしまいます。

GoogleはWEBコンテンツの更新頻度なども評価対象に入っているようですので、できる限り定期的にWEBコンテンツを追加していくようにしましょう。

その時に、さらにグーグルの評価を高めていくためのポイントとして、その時の季節の話題や流行りなどトレンド情報をWEBコンテンツに取り入れることです。そうすると、よりユーザーにタイムリーで良質な情報として捉えてもらえるため、高い評価を受けることができます。

 

 

-未分類

Copyright© クラシラ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.