未分類

ブロガーがSEO対策をする前に理解すべきGoogle検索の仕組み

投稿日:

ブログサイトへのアクセスを増やすために誰もがやっているSEO対策。

いろいろなWEBサイトにたくさんのSEO対策のテクニックやヒントが公開されていますが、これらインターネット上の情報をただ闇雲に自分のブログサイトに対策を施していっても、もしかしたら効果が出ていないかもしれません。

SEOとは「Search Engine Optimization」 の略であり、検索エンジン最適化を意味していますが、そもそもサーチエンジンであるGoogleの仕組みを理解していますでしょうか?

ただ闇雲に流行っているSEO対策をしていくのと、Googleのサーチエンジンの仕組みを理解した上でSEO対策をしていくのでは結果は全然違ってきます。

今回は、Googleのサーチエンジンの仕組みを理解しながら、どのようなポイントを意識してSEO対策をしていけばよいかについて解説します。

 

Google検索の仕組み

インターネットの世界には無数のWEBサイトがありますが、膨大なWEBサイトの中からGoogleは 3 つのステップで検索結果を表示していると言われています。

それが、クロール、インデックス登録、検索結果の表示です。

 

クロール

まずはクローラーと呼ばれるGoogleのロボット(Googlebot)がインターネット上を巡回して、WEBページを認識し、新しいページや更新されたページを検出しています。

 

クロールの仕組み

GooglebotはGoogleが独自で持っているアルゴリズムに基づいてインターネット上を巡回しており、クロールするサイト、クロールの頻度、各サイトから取得するページ数などを決定していると言われています。

クロールをする際に、Googlebotは大きく分けて次の2つのルートでWEBサイトにたどり着いています。GooglebotにクロールされやすいWEBサイトを作っていくことが非常に重要なのですが、その際のポイントはこの2点になります。

 

他のサイトやページからのリンクをたどる

まずは、他のサイトやページからのリンクを意識することが重要です。

特にアクセス数が多い優良サイトであればGooglebotの巡回頻度も高いはずですので、そのような有料サイトにリンクがあることはクロール上メリットがあります。したがって、優良サイトからのリンクを得られるような対策は有効となります。

 

サイトマップを読み取る

また、Googlebotはサイトマップから巡回してきます。

サイトマップとは、サイト全体のページ構成を地図(マップ)のように一覧で示しているWEBページのことで、ユーザーや検索エンジンにサイト内容を伝える効果があります。

WordPress(ワードプレス)でサイト構築している場合、All in one SEO Packというプラグインを使っていると、簡単にサイトマップを作ることができます。

WordPress(ワードプレス)の管理画面のサイドバーから「All in one SEO Pack」>「XML サイトマップ」を選択します。

そうするとこのような画面が開きますので、「サイトマップを更新」ボタンを押して「XMLサイトマップを表示」をクリックします。

するとこのような画面が開きます。これがGooglebotが認識できるサイトマップです。

 

クロールバジェットを最適化する

Google 検索のインデックスに登録されやすくなるためには、WEBサイトのクロールが効率的に行われるとが重要です。

そのために、インデックスされたくないWEBページなどについては、クローラーをブロックすることでクロールの効率化を実現することができます。

クローラーのブロックは、robots.txtというファイルで不要なページを記載しておくことで対応可能です。不要なWEBページをrobots.txtに記載しておくことでクローラーが回らないようになるのでクロールバジェットが無駄に消費されないようになります。

その結果として、Googlebotに回って欲しいページに、より多くのクローラーが回るようになるためサイト全体のインデックスが進むということになります。

 

インデックス登録

Googlebot は、クロールしたWEBサイトの情報を収集し、検出したすべての単語とページ上の場所をGoogleのデータベースにインデックス登録します。

インデックス登録がされると、Googleで検索することが可能なWEBサイトとなりますので、SEO対策をする上で、このインデックス登録が不可欠となります。

さらに、titleやh1などのタグや alt 属性などの主要なhtmlに関する情報も処理します。

また、こちらもSEO対策上とても重要なポイントですが、Googlebotのクロールとインデックス登録の過程において、WEBページが別のWEBページと重複していないかどうか判断されます。ページの重複はSEO上、クロールの頻度が大きく低下するなど大きなマイナスとなるため注意が必要です。

 

Google Search Console(サーチコンソール)でインデックス登録

Googleの無料WEBサイトの管理ツールであるSearch Console(サーチコンソール)を使えば、インデックス登録をGoogleにリクエストすることができます。

使い方は以下の通りです。

まずSearch Console(サーチコンソール)のページ上部に新しく書いたブログ記事のURLを入力します。

入力したURLがGoogleにまだインデックスされていない場合には、次のような画面が表示されます。

ここでインデックス登録をGoogleにリクエストしたい時は「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。そうするとこんな画面が出てきて1分ほど待ちます。

インデックス登録ができるとなった場合は、次のような画面が表示され、これでリクエスト完了となります。

 

検索結果の表示

ここまでの2ステップで、ブログ記事がGooglebotにクローラーしてもらうことによってさまざまな情報をGoogleに効率的に収集してもらい、さらにインデックス登録をしてもらうことによってGoogleでの検索結果としてのデータベースに登録してもらうことができるという流れをご紹介しました。

最後の3ステップ目が検索結果の表示です。

Googleで何かを調べたいというユーザーがGoogleの検索ボックスに検索したいワードを入力します。

すると、インデックスで一致するページが検索され、関連性が高いと判断された検索結果が表示されます。

ページの関連性は、200 以上もの要素によって判断されると言われています。

ここで、検索結果の表示を改善するためにGoogleが推奨している方法をご紹介します。

 

検索結果での表示を改善する方法

 

WEBページ読み込みのスピードアップ

検索結果を表示されやすくするためにはWEBページの表示スピードをあげることが効果的です。

ページの表示速度が遅いと検索の上位表示の可能性が下がるだけでなく、読者のユーザビリティも下がるため改善したいポイントとなります。

 

モバイルフレンドリーなWEBページにする

GoogleはモバイルフレンドリーなWEBページを推奨しています。

スマホなどで検索するユーザーが増加していることでモバイルフレンドリーなサイトは検索結果にも好影響を与えると言われています。

 

AMPを実装する

ブログ記事はAMP対応できるようにすることで、モバイル対応もできますし、AMP ページがある場合、Googleはモバイル検索でリッチリザルトやカルーセルの一部として表示されるようになります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

これまでブログサイトに行ってきたSEO施策もこのようなGoogle検索の仕組みに裏付けられたものであれば有効に機能しているはずです。

これからもこのクロール、インデックス登録、検索結果の表示の3つのステップに合わせて対策を進めていっていただけると、より効果的なSEO対策を行うことができると思います。

-未分類

Copyright© クラシラ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.