未分類

【10万PV講座】効果的なGoogleアナリティクスの使い方

投稿日:

ブログ記事へのアクセス数をアップさせるためにやるべきSEO対策はたくさんありますが、この対策はサーチエンジンであるグーグルのことを理解しないとうまく機能しません。

グーグルには、WEB解析を簡単に利用できる無料のGoogleアナリティクスというツールがあり、PV(ページビュー)をアップさせるためにこれを活用しない手はありません。多くのブロガーはもちろんのことWEBマーケティングの専門家などWEBでのアクセスを増やそうとしているプロの方の御用達ツールとなっています。

ということで、今回は私がブログ開始から6ヶ月で12.8PVを達成したアクセス増加施策の方法論をシリーズにまとめた講座、ブログ開始6ヶ月で12万PV達成!アクセス増加施策を全公開しますでもご紹介しましたSEO対策の中からSEOのためには必ず設定しておくべきGoogleアナリティクスの使い方をご紹介します。

 

Googleアナリティクスとは?

Googleアナリティクスはグーグルが提供しているWEBサイトのアクセス解析ツールです。

サーチエンジンを提供しているグーグルがWEBアクセスの状況を教えてくれるツールで、無料とは思えないほどの高機能なアクセス解析ができます。

細かく設定していけば、かなり詳細なアクセス解析が可能となり、一般的なWEBサイトの運営であればGoogleアナリティクスだけで十分というほどの機能があります。

 

Googleアナリティクスの設定方法

まずGoogleアナリティクスの設定方法からご紹介します。

 

Googleアナリティクスの申し込み

まずはGoogleアカウントにログインしてGoogleアナリティクスの申し込みをしましょう。
こちらにアクセスし、「登録」をクリックします。

 

すると以下の画面に移りますので、必要事項を登録してください。

 

アカウント名

アカウント名は自分のアカウントであることがわかる名前をつけてください。サイト名やサービス名など、自分が識別できたら問題ないですが、今後、他のサイトも運営する可能性も考えてつけておくと便利です。

 

ウェブサイトの名前

Googleアナリティクスを設定したいWEBサイトの名称を登録しておきましょう。あとで変更も可能ですので、仮の名前でも大丈夫です。

 

ウェブサイトのURL

Googleアナリティクスを設定したいWEBサイトのURLを入力しましょう。SSLを設定している場合は「https://」を選択してください。

 

業種

自分の運営するWEBサイトの内容に近い業種を選択してください。

 

レポートのタイムゾーン

自分の運営するWEBサイトの内容に近い業種を選択してください。

 

データ共有設定

基本的にはすべての項目にチェックを入れることを推奨します。

 

入力が終わったら、「トラッキングIDを取得」をクリックしましょう。
以上でGoogleアナリティクスの登録は完了です。

 

トラッキングコードを設置

Googleアナリティクスの登録が終わったら、次に解析したいWEBサイトにGoogleアナリティクスのトラッキングコードを設置しましょう。
先ほどの登録が完了すると、トラッキングIDを発行することができます。

WordPress(ワードプレス)を使ってWEBサイトを構築している場合、All in one SEO Packを使えば簡単にGoogleアナリティクスのトラッキングコードをWEBサイトに設定できます。今回はAll in one SEO Packを使った設定方法をご紹介します。

まずはGoogleアナリティクスのサイドバーから「設定」をクリックします。

 

そうすると、このような画面が開きますので、「トラッキング情報」の「トラッキングコード」を開きます。

 

画面に表示されているトラッキングIDをコピーします。

 

ここでコピーしたトラッキングIDを今度はWordPress(ワードプレス)の管理画面からAll in one SEO Packの「一般設定」を開いて、下にスクロールしていくと「Google設定」という項目がありますので、この中のGoogleアナリティクスIDという欄にコピーしたトラッキングIDを貼り付けて保存すれば完了です。

 

アクセスアップのためにGoogleアナリティクス

それでは、最後にブログ記事へのアクセスアップのためにGoogleアナリティクスで見ておくべきポイントを解説します。

「ユーザー」でアクセス状況を把握する

ブログ記事へのアクセス状況を把握します。

アクセス状況を把握するためにはGoogleアナリティクスのサイドバーから「ユーザー」>「概要」に進めば確認することができます。

セッション セッションとは、選択した期間中にWEBサイトの閲覧者がWEBサイトに訪問した回数です。
ユーザー 期間中に 1 回以上のセッションを開始したユーザー数です。1人のユーザーが10回訪問してくれたら、セッション数は10になりますが、ユーザ数は1です。
新規ユーザー 期間中のはじめてWEBサイトを訪問したユーザーの数です。
ページビュー数 閲覧されたページの合計数です。セッションとの違いは、セッションは訪問から離脱するまでを1回とカウントしますが、ページビューは訪問から離脱するまでに閲覧したページ数が全てカウントされます。例えば、あるユーザーがWEBサイトに訪問して離脱するまでに3ページを閲覧した場合、セッションは1回ですが、ページビューは3回になります。
直帰率 直帰とは、ユーザーがWEBサイトに訪問してから他のページに移動することなく、そのWEBサイトから離脱することをいい、直帰率とは、全体のセッションのうち何%が直帰したか、という比率を表しています。
平均セッション時間 ユーザーがWEBサイトに訪問してから離脱するまでの平均時間です。平均セッション時間でサイト訪問者がコンテンツに満足しているかどうかを測ることができます。

ここでもサイトの目的によってどの指標が重要かというのは変わってきます。

PV(ページビュー)だけでなく、例えば、リード獲得が目的であればユーザー数が重要ですし、商品の販売などのコンバージョンが目的であれば直帰率を下げるというようなチェックをかけていくことになります。

「集客」でサイトへの流入経路を把握する

「集客」でブログ記事への流入経路を把握します。

流入経路を把握するためにはGoogleアナリティクスのサイドバーから「集客」>「チャネル」に進めば確認することができます。

 

こちらの解析画面で、オーガニック検索でどれくらい集客できているか?検索流入と広告流入、SNS流入の比率はどの程度かというような分析をすることができるようになっています。

 

「行動」でどの記事が読まれているかを把握する

「行動」でどのブログ記事が読まれているかについて把握することができます。

記事別のアクセス数を把握するためにはGoogleアナリティクスのサイドバーから「行動」>「サイトコンテンツ」>「すべてのページ」に進めば確認することができます。

このようにブログ記事ごとのページビュー数、ページ別訪問数、平均ページ滞在時間、閲覧開始数、直帰率、離脱率などを把握することができます。

こちらの解析画面で各ブログ記事の閲覧状況などを把握してください。

-未分類

Copyright© クラシラ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.