未分類

【10万PV講座】SEOに効くキーワード選定方法

更新日:

ブログ記事を短期間でアクセスを集めるためにはグーグルやヤフーといったサーチエンジンの検索結果を上位表示させるためのSEO対策(Search Engine Optimization)が非常に重要なポイントとなります。

今回は、私がブログ開始から6ヶ月で12.8PVを達成したアクセス増加施策の方法論をシリーズにまとめた講座、ブログ開始6ヶ月で12万PV達成!アクセス増加施策を全公開しますでもご紹介しましたSEO対策の中からSEOに効くキーワード選定方法について解説したいと思います。

 

キーワードとは?

広大な海に向かってただ闇雲に釣りをしても釣りたい魚は釣れません。

これと同じで、膨大なWEBページの閲覧者に対して何も考えずにブログ記事などのコンテンツを提供しても読んでもらえないのです。

せっかく時間をかけて記事を書くならば、

  • 読ませたい人は誰か?
  • その人は何に興味を持っているか?
  • その興味はどんなコンテンツを提供すれば満足に変えられるか?

ここをしっかりと押さえてから出ないと壮大な無駄が発生する可能性があります。

ここで重要なポイントがキーワードです。

WEBで情報を探している人は、何かのワードで検索していることが多いです。この検索ワードのことをここではキーワードと呼んでいます。

例えば、渋谷で焼肉を食べたい人は「渋谷 焼肉」と検索します。

渋谷で焼肉を安く食べたい人は「渋谷 焼肉 安い」と検索するでしょう。

このように検索ワードはその人の抱えている興味やお困りごと、悩みなどをそのまま表しています。

たくさん検索されているキーワードであれば、より多くの人に記事を読んでもらうことができる可能性があります。

ですので、ブログ記事を書く前に、

ポイント

  • 世の中の人がどのようなキーワードを検索しているか?
  • どんなキーワードがたくさん検索されているか?
  • 自分の書きたいテーマのキーワードがどれくらい検索されているか?

をしっかり把握しておくことがSEO対策上、とても重要となるのです。

無料でキーワードを調べるGoogleキーワードプランナー

キーワードを調査するためのツールはGoogle キーワードプランナーです。

 

キーワードプランナーは、Googleで広告を出す時のキーワードの検索数や競合の強さ、単価などを調査できる無料ツールです。
広告を出稿していない場合は検索キーワードのボリュームが曖昧な形(範囲で示される形)でしか見れないですが、参考にはなりますので、ブログのテーマやキーワードを検討する場合はマストなツールとなっています。

 

step
1
ログインして「新しいキーワードを見つける」をクリック

キーワードプランナーにログインすると以下の画面が開きますので、「新しいキーワードを見つける」をクリックしてください。

 

step
2
調査したいキーワードを入力する

次にこのような画面が開きますので、テーマのキーワードを入力します。

 

step
3
キーワード候補の画面でキーワードのニーズを判断する

そうすると以下のようなキーワード候補の画面が表示されます。

この画面で確認すべきは、「月間検索ボリューム」「競合性」「ページ上部に掲載された広告の入札単価」です。

月間検索ボリュームが多いとグーグルなどでたくさんの人が検索しているキーワードになります。

このGoogleキーワードプランナーはSEO対策をする上ではマストなツールになりますので、まずはいろいろと操作をしてみて慣れていってください。

 

行動につながるキーワードを選ぶ

それでは、具体的にどのようなキーワードを選定すべきかということについて考えてみましょう。

まずキーワードにはいくつかのタイプがあります。

調べ物系

  • SEOとは
  • 臥薪嘗胆 意味
  • iPhone 機能

お悩み系

  • ダイエット 効果
  • 薄毛 薬
  • 成績 勉強方法

購入意欲系

  • パソコン 比較
  • 〇〇(商品名) 最安
  • 世田谷 マンション 相場

探し物系

  • 居酒屋 梅田
  • 美容室 原宿
  • 東京タワー 行き方

ブログ記事の目的によって、これらのキーワードのタイプを選ばないとせっかく記事を書いても目的が達成できないことがあるので注意しましょう。

ブログの目的

 カバンを販売したい

ブログの目的が商品を販売したいということであれば、ふわっとしたニーズを持った人が読んでもなかなか販売できません。

商品を販売したいのであれば、その商品を買いたい思ってる人に読んでもらう必要があるために、「購入意欲系」のキーワードに絞る必要があります。カバンを販売したいのであれば、「カバン 革」「ショルダーバッグ 夏物」など購入意欲系のキーワードに絞り、読者が探している商品の紹介や比較などの情報提供ができるコンテンツを作成し、読者の満足につなげることにフォーカスすべきです。

 

ブログの目的

 学習塾への入会につなげたい

この場合もカバンの事例と似ていますが、提供するものが学習塾というサービスであるため、少し切り口が異なります。

学習塾を探している人は、明確にこの塾と決めていない人もたくさんいて比較したいとか、それぞれの特徴が知りたいと思っている場合があるので、「高校受験 勉強法」「偏差値 アップ 方法」などの「お悩み系」のキーワードでそのお悩みを解決するコンテンツを提供することで、記事の読者に満足してもらい、もしかしたらこの塾に入るともっとすごい結果が得られるという期待感を持ってもらえるようなコンテンツ作成が重要となります。

 

ブログの目的とキーワードのマッチングに細心の注意を払うことが重要

ブログの目的とキーワードがずれてしまうと全然成果の出ないブログになってしまいます。

例えば、調べ物系のキーワードですごくいい記事ができてPV(ページビュー)を増やすことができたとしても、この記事に集まってくる読者は購買意欲も具体的なお悩みも持っていない可能性の高い人たちです。

この人たちに対して、何かを販売しようとしても、おそらくはあまり高いコンバージョン率は期待できないと思います。

このように、単にブログ記事へのアクセス数を稼ぐことだけを考えてしまうとせっかくのアクセスが無駄になってしまうことがあります。

ブログの目的が商品の販売なのか、セミナーへの誘導なのか、はたまた他のことなのかによって絞っていくキーワードが大きく変わっていきますので、時間をかけてでもブログの目的とキーワードのマッチングには十分調査してからコンテンツ作成をしましょう。

具体的なキーワードの調べ方

それでは最後に、Googleキーワードプランナーを使って実際のキーワードの調べ方をご紹介します。

先ほどの「渋谷 焼肉」というキーワードを調査してみましょう。

step
1
ログインして「新しいキーワードを見つける」をクリック

キーワードプランナーにログインすると以下の画面が開きますので、「新しいキーワードを見つける」をクリックしてください。

step
2
検索したいキーワードを入力する。

ここに「渋谷 焼肉」と入力して「開始する」ボタンをクリックします。

ここは1つの単語だけでも大丈夫ですし、複数の単語でもキーワード調査をすることができます。

step
3
検索したいキーワードを入力する。

キーワード候補の画面が表示されます。

この画面の右上に「キーワード候補をダウンロード」というボタンがあるので、こちらをクリックしてキーワード候補結果をCSVファイルでダウンロードします。

step
4
キーワード候補をエクセルで集計しながらキーワードを選定する。

ここである程度のボリュームのあるキーワードをいくつか絞り込んでいきます。

そして、選定したキーワードからテーマ選定し、ブログ記事の制作を開始します。

-未分類

Copyright© クラシラ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.